TWI Global Business LOGO

 

 

TWI Global Business (Div. of Teruko Weinberg Inc.) ニュースレター第二号 3/1/2016

目次:

1. TWI GLOBAL BUSINESS事業案内

―― 米国及び中南米向けマーケットリサーチ・コンサルティングサービスをご提供

2.中南米市場、ここがポイント

 

1.TWI GLOBAL BUSINESS事業案内

世界一の経済規模を誇る米国、その南には新興市場の中南米地域が広がります。

これら有望市場へのアプローチの際には言語・文化の違い、地理的距離、異なるビジネス慣習といった多くの障壁に直面します。

米国・中南米に関心はあるものの、足がかりを見い出せずにお困りの方。現地取引相手やパートナーのサーチ、市場調査、進出のための事前調査などをご希望の方はいらっしゃいませんか?

TWI Global Business(Div. of Teruko Weinberg, Inc.)では10年以上の中南米での経験、同地域に幅広いネットワークを持つスタッフがお客様のビジネスを全力でサポート致します。どうかお気軽にお問い合わせください。

担当者:Executive Researcher/Consultant 水野 亮

経歴:米国、ブラジル、ドミニカ共和国、ニカラグア、タイなどにおいて政府機関やマーケットリサーチ会社での駐在経験、前職の日本貿易振興機構(ジェトロ)在勤中には東京本部やニューヨーク事務所にて中南米・米国市場や通商政策などに関する調査業務に従事。中南米・米国地域に幅広い人脈を有する。米コロンビア大学国際関係・公共政策大学院卒。著書には「中南米ビジネス拠点の比較と米国企業の活用事例」「米国からの中南米市場戦略」「FTAガイドブック2007」「FTA新時代」「ブラジルの電力危機」など多数。

事業概要:マーケットリサーチ、現地取引先・パートナーサーチ、輸出入促進支援、企業信用調査・デュー・デリジェンス、情報提供サービスやセミナー含む各種イベントの開催など

 

2.中南米市場、ここがポイント

TWI GLOBAL BUSINESSは月二回のペースで米州地域の政治経済やビジネスに関する要約記事を皆様にお送りしています。今回はその第二号をお届けします。

ポイント1:世界一の市場米国への輸出にチャンス ~環太平洋パートナーシップ(TPP)協定のメリット①~

TPPが2月に締結されました。アジア太平洋地域に属する計12カ国(日本、米国、カナダ、メキシコ、ペルー、チリ、シンガポール、マレーシア、ブルネイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランド)による巨大な自由貿易地域の実現に向けた大きな一歩となったのです。

TPPは日本でも注目を集めています。ただし、農林水産物や医療費への影響に対する懸念など、TPPのデメリットに焦点を当てた報道が多い気がします。一方のメリットについては何となく耳にするものの、具体的な話はあまり聞かれません。そこで、ニュースレター3回にわたりTPPのメリットについて考えていきたいと思います。

最も分かりやすいメリットは、世界一の巨大市場米国との貿易拡大と考えられます。米国は現時点では北米自由貿易協定(NAFTA)といったFTAを結んでいる国以外からの輸入品に対しては幅広い品目にわたり関税を課しています。税率はそれほど高いわけではありません。なかには25%のトラックなど高関税の品目も見られますが、単純平均(2015年)で3.4%、うち農産品には5.3%、鉱工業品には3.1%の関税率となっています。しかし、原価ベースで3.4%のコストはけっして小さくないと考えられます。

米国はTPP加盟国からの輸入に対してはすべての関税を撤廃する予定です。なかには撤廃まで25年をかける日本産乗用車のように、同国が警戒する製品に対しては長い年月をかける品目もあります。しかし、多くの輸入品に対して発効と同時に関税を撤廃すると約束しています。たとえばTPP発効と同時に日本の自動車部品に対しては8割にあたる品目、家電、産業用機械、化学製品に対しては輸入額ベースで99%にあたる品目の関税を撤廃します。繊維・アパレルや食品に対しても同様です。アジアに一大生産拠点を形成している日本企業が本国をはじめ、TPP加盟国のベトナムやマレーシアから世界一の巨大市場米国へ無税で輸出できることを意味します。米国内で生産する企業にとっては、原料・部品の調達先の選択肢が増えることになります。

前職では東京以外の地域に赴き、TPPについて講演していました。そこではアジアとは取引があるものの、これまで米国への輸出は考えたことがないという多くの企業より、TPPをきっかけに米国への輸出や進出を検討したいという声を聞きました。米国はカリフォルニア州だけであのインドより大きな経済規模があります。この巨大市場への輸出拡大、これこそがTPPの大きなメリットの一つといえます。

ポイント2:アルゼンチンに新しい風

アルゼンチンと聞けば10年以上続いた左派キルチネル政権による内向きな経済政策の印象が強いのではないのでしょうか?価格統制、為替規制、輸入規制―――相次ぐ規制の導入に苦しめられた企業は少なくないと思います。

プロビジネスのマクリ新政権の誕生により、そんなアルゼンチンに新しい風が吹いています。同政権は発足後すぐに為替規制や輸入規制の緩和、農産品や工業品の輸出税の撤廃や自動車の内国税の減免などに取り組みました。また、貿易の拡大を目指して中南米諸国を中心に経済外交を積極的に進めています。米国との関係改善にも動きが見られます。

国内のインフレの解消や米系ファンドとの債務交渉などまだまだ多くの課題を残しているものの、新政権の動きは投資家の注目を集めています。

一口スペイン語講座:be動詞は二種類?

英語ではbe動詞は一種類。たとえば「私は~です」は「I am」、「あなたは~です」は「You are」ですよね。これがスペイン語になると二種類になります。本質・特徴・性格などいつも同じ状態を表す「ser」と一時的な様子や状態を表す「estar」を使い分けなければいけません。それぞれが人称や時制により変化します。

「彼は体調が悪い」をスペイン語でいうと「El está mal.」となります。一時的な様子を表す「estar」を使うわけです。これを間違えてser動詞、すなわち「El es mal.」と言ってしまうと、「彼は悪いやつだ」となってしまうのでご注意ください。

※be動詞の活用(現在)(①私は〈yo〉、②君は〈tú〉、③あなたは・彼は・彼女は〈usted, él, ella〉④私たちは〈nosotros〉、⑤あなた達は・彼たちは・彼女たちは〈ustedes, ellos, ellas〉の順)

ser: ①soy, ②eres, ③es, ④somos, ⑤son

estar: ①estoy, ②estás, ③está, ④estamos, ⑤están

お問合せ等ありましたら水野(rmizuno@twinc.com <mailto:rmizuno@twinc.com> )までお気軽にご連絡ください。